旅行関連

【宿泊記:ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート】恩納村にある老舗リゾートホテル

旅行サブスクNO1!HafHで世界36の国と地域、521都市に、2,980円/月1回から宿泊可。 コインを貯めれば、ハイアットリージェンシー瀬良垣、ザ・プリンス京都 宝ヶ池などにも。通常1泊数万円が2,980円!私も利用してるので、是非登録してみてください! HafH詳細・登録ページ

沖縄本島、恩納村エリアにある老舗リゾートホテルのANAインターコンチ万座ビーチリゾート。広い屋外プールに、夏場はアスレチックもある万座ビーチが特徴です。

那覇空港からレンタカーで行くのはもちろん、エアポートバスも運行しているので免許なしの方にもおすすめのリゾートホテルです。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート公式サイト

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートに3泊してきました

今回はこちらのホテルに、ヤフートラベルのJALパックを利用して旅行してきました。

万座ビーチリゾートは、一泊だいたい30,000円前後するのですが、今回はなんと3泊4日、JAL行き早朝便・帰り夜便、朝食付きで一名43,600円でした。

今すぐ割りや、JALのクーポンが利用できたのが大きいですね。あとは5月下旬だったので繁忙期も過ぎてますからね。

それでは、ホテルを紹介していきます!

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの場所とアクセス

場所はこちら。恩納村エリアのポコっと島になっているエリアにあります。

那覇空港からレンタカーの場合は普通道路利用で約80分、高速使えば50分の距離です。タクシーだとおよそ13,000円ぐらいかかるそうですね。

レンタカー以外にも手段があります。空港リムジンバス・沖縄エアポートシャトルです。

こちらは那覇空港・那覇市内とリゾートエリア・ちゅら海水族館を結ぶバスです。

空港リムジンバス詳細沖縄エアポートシャトルバス詳細

私は車の免許を持っているのですが、そこまで移動せずホテル内やツアーで遊ぶ予定でしたので、バスを利用してホテルまで行きました。

緊急事態宣言・まん延防止などで現在は大幅に時刻表が変わっています。私たちが行った時はだいたい1日に2〜3本しかありませんでした・・・。

バスで行く際はしっかりと時刻表を確認してください。運賃はリムジンバスの場合で、片道1,730円です。

通常の路線バスでも市内からホテルまで行けます。その場合は、万座ビーチ前で降りますが、片道2時間以上の長旅でちょっと疲れますね。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの施設・プール・ビーチ

ホテル内施設

インターコンチ万座リゾート52
ホテルの施設を見ていきましょう。ちなみに大通りからホテルまで徒歩で約10分ほどかかります。ただし、駐車場からも歩いて5分ほどかかります。

あまり歩きたくないと言う方は、ホテル入り口の警備員にホテルバスを呼んでもらうことも可能です(無料)。

こちらがホテルのエントランス部分。

インターコンチ万座リゾート53
かわいいシーサーたちがお出迎え。かなり大型のリゾートホテルです、めちゃくちゃ広い!!

インターコンチ万座リゾート68
フロントはこの青い部分でした。少し早めに行ったのですが、予定よりも早くチェックインできてありがたかったです。

インターコンチ万座リゾート67
JTB専用ラウンジ。もちろんガラガラ。営業はしているそうですが、何もなかったです。

インターコンチ万座リゾート66
ホテル内部はこんな感じ。すごい特徴的な構造ですね。

エレベーターは前後で1機ずつといったかんじです。コロナ禍ではない通常時の繁忙期では大変そうです。

インターコンチ万座リゾート65
下を覗くとカフェ・バーエリアが見えました。

インターコンチ万座リゾート35
ホテル内のトイレ。綺麗でオシャレ!

インターコンチ万座リゾート34
製氷機も1階部分にありました。アイスペールは部屋に設置してあります。紙コップとかないので、アイスペール持ってこないと氷運べないようです。

インターコンチ万座リゾート54
スパ・大浴場エリア。

大浴場は06.00 – 9.30 / 12.30 – 24.00の時間で営業しています。ただし、ご宿泊のお客様 大人500円 子供 (3-12歳) 無料 / 外来のお客様 大人 1,600円 子供(3-12歳) 800円とのこと。

美穂
美穂
私たちが行った時は大浴場無料サービス中でした!けれど私は一度も行っていません。

その他、ちょっとしたドリンク・お菓子も売っているお土産ショップ、フィットネスルームもあります。

インターコンチ万座リゾート79
ホテルのおおまかな地図。広いですねー端から端まで歩いたらかなり時間かかります。

屋外プール

次に屋外プールを紹介します。プールはガーデンプールとビーチサイドプールの2種類あるのですが、コロナの影響でビーチサイドプールは週末のみの営業でしたので利用できませんでした。

そのため、今回はガーデンプールのみ紹介します。

インターコンチ万座リゾート82
ガーデンプールは1階にあります。

インターコンチ万座リゾート81
横に長いタイプで、片方は大人用の深めのプール、もう片方は子供用なのか水深浅めのプールでした。

インターコンチ万座リゾート80
こっちが大人側。一番深いところでは、おそらく150センチの深さはありますね。

インターコンチ万座リゾート85
日中は皆さん観光に出掛けているのか、あまり人がいませんでした。ラッキー!

インターコンチ万座リゾート84
かなり広いです。独り占めして泳ぎまくりました。

インターコンチ万座リゾート83
こっちは水深朝目。膝立ちしても、水深は胸あたりまでしかありません。

インターコンチ万座リゾート5

監視員もきちんといて、私が泳いでいるときはしっかりと椅子に座って見張っていました。誰もいなくなると消えます(笑)

インターコンチ万座リゾート4
一番奥側に滝みたいなエリアがあり、ちょっとした個室みたいな感じでした。

インターコンチ万座リゾート3
青い建物でビーチタオルを無料で貸し出してくれます。

インターコンチ万座リゾート9
ビーチチェアもプールの周りにたくさんあります。背もたれも段階的に倒せるのでしっかり寝るのもよし、起こしてボーッとするのもよし!

インターコンチ万座リゾート25
誰もいなかったのでスマホ持って色々と自撮り撮影して遊んでいました。人がいるときは撮影には注意してください。

インターコンチ万座リゾート26
ホテルとプールと私(笑)

インターコンチ万座リゾート2
青い空と青いプールが映えますね!ちらほらと人はくるものの、プールに入る人はほとんどいませんでした。

インターコンチ万座リゾート10
合間合間に休憩。

ビーチ

次に万座ビーチを紹介します。こちらのビーチは宿泊者はもちろん、外来でも利用できます。

ホテルから行く場合は、駐車場エリアから行ってもいいのですが、プールの奥側からこのような道があるのでそこから行けます。

インターコンチ万座リゾート78
ビーチに到着!

インターコンチ万座リゾート72
ビーチは青い浮きの中で自由に遊ぶことができます。アスレチックゾーンと自由遊泳ゾーンと分かれています。

万座オーシャンパークというこのアスレチックゾーンは、国内海上アスレチックにおいて面積最大級らしいです!

万座オーシャンパークは1日3,500円みたいなのですが、私が利用したときは無料でした。期間限定かツアー限定かわかりませんが。ただ、ホテル利用か外来かわからないはずなのに、特に何も言われませんでした。

インターコンチ万座リゾート75
オーシャンパーク利用時はライフジャケット必須です。

最初そのまま利用しようとして、スタッフが走ってきました(笑)

その際に、ライフジャケットは有料と言われて諦めたのですが、スタッフが走ってきてやはり無料だとのこと(笑)ライフジャケットは奥の方にあるカウンターから借りれます。ホテルの部屋番号必須です。

インターコンチ万座リゾート74
オーシャンパークはちらほら遊んでいる人がいました。それにしてもこれ、滑るしバランス悪いしで結構大変ですね・・・30過ぎには辛いです。。。

膝を擦りむいたりする可能性大なので、女性はトレンカとか履いたほうが良さそうですね。あと、乗り物酔いしやすい人は要注意です。結構揺れます。。。

インターコンチ万座リゾート73
ビーチパラソルも宿泊者は無料で利用可能。外来はめっちゃ高いので注意!

インターコンチ万座リゾート6
干潮時はほとんど遊べるエリアがなくなるので、満潮の時間を調べて遊ぶようにしましょう。

また、遊泳エリアではシュノーケル器具を使ってのシュノーケルは不可です。

ホテルビーチは、おそらく外来と見分けるためのリストバンドがあると思われます。特にチェックイン時に何も説明されませんでしたし、勝手にパラソルを利用してても何も言われなかったのですが、一応利用する際はフロントに何か必要か聞いてみてください。

インターコンチ万座リゾート8
ホテルのHPに載っているプライベートビーチがこちら。HPではすごく広々として綺麗なビーチのように見えるのですが、実際は狭く寂しい雰囲気でした(汗)

ただし、ここから綺麗な夕日が見られますよ!

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの客室

それではお部屋を紹介していきます。予約した部屋は、パーシャルオーシャンビュー(海が見えにくい)だったのですが、部屋を変えてくれたのか、もともとこの部屋なのかわかりませんが、海はバッチリ見えました!

インターコンチ万座リゾート104
こちらがツインのお部屋。綺麗なお部屋ですね!古いとかいう口コミもありますが、満足できるお部屋でした。

インターコンチ万座リゾート103
大きい窓からは海が一望できます。チャペル側だったので、完全に海側ではなかったのですが、十分です。

インターコンチ万座リゾート100
ツインベッド。なんか近過ぎないか?(笑)翌日清掃してもらったらぴったりくっついていたので、がっつりと離しました(笑)

インターコンチ万座リゾート99
窓側には椅子とソファー。

インターコンチ万座リゾート96
汚れもなく綺麗でゆったりとくつろぐことができました。

インターコンチ万座リゾート101
こちらはひろーいデスク。テレビや荷物置き場も。

インターコンチ万座リゾート97
仕事をするにも荷物をがっつり置くのにもいいゆったりサイズ。

インターコンチ万座リゾート102
スーツケースはこちらに置けます。

インターコンチ万座リゾート94
無料のお水2本と、アルコール除菌も置いてありました。

インターコンチ万座リゾート63
引き出しの中はコーヒー紅茶パックなど。ブランドはTWGです。しかも4種類が人数分+コーヒースティックも。毎日補充されるので、飲まなくてもスーツケースに保管して毎日もらっちゃいましたね。

インターコンチ万座リゾート62
その下には、アイスペールとワイン・シャンパングラスがありました。シャンパングラスもあるのはありがたい♪

インターコンチ万座リゾート91
クローゼット。

インターコンチ万座リゾート90
こんな感じ。使い捨てスリッパも。

インターコンチ万座リゾート89
洗面台。バスルームではなく、部屋に入ってすぐのところにありました。女性同士だとバスルームに全部まとまっていると一人が使っているとトイレ行けなかったり、水が使えなかったりで困ることが多いので、別々だと嬉しい!

インターコンチ万座リゾート86
木の箱の中に歯ブラシなどのアメニティがありました。あと、引出しの中にドライヤーがあります。

インターコンチ万座リゾート88
広々としていますし、なにより白くて綺麗でとっても清潔!

インターコンチ万座リゾート93
こちらはバスルームの中。

インターコンチ万座リゾート92
トイレとバスタブ、シャワーです。

インターコンチ万座リゾート48
ブラインドは客室側から操作だったかな。なんで浴室側に権限がないんだ・・・。

インターコンチ万座リゾート49
部屋からばっちり覗かれます。一人で利用していれば、オーシャンビューを見ながらお風呂入れますけどね。

インターコンチ万座リゾート50
完全に閉じれば問題ないです。

インターコンチ万座リゾート64
全室バルコニーがついているのですが、特に椅子やテーブルは置いてありません。一部客室はあります。

手すりがこんな感じなので、手持ちの洗濯ロープで水着を干しておくことができました。

パンツすみません・・・。

ルームサービスメニュー

部屋に置いてあったルームサービスのメニューです。

インターコンチ万座リゾート58
こちらはモーニングのメニュー。11時までオーダー可。

インターコンチ万座リゾート59
こちらはおつまみやドリンク系。

インターコンチ万座リゾート60
こっちがメインの料理。

どうやらサービス料と税込みの値段らしいので、これならルームサービス利用してみても良さそうですね。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの朝食・レストラン

3日分の朝食(アクアベル オールデイダイニング)

今回は3泊ともに朝食がついていたので、実際に食べたものを紹介していきます。

インターコンチ万座リゾート40
まず、朝食はメインはオーダー制、その他はビュッフェスタイルでした。

洋食では、オムレツやエッグベネディクトなど6種類、パンケーキ・フレンチトースト・ワッフルのデザート系3種類、
そして和食はセットメニューでした。

キッズプレートもあります。

ちなみに、一人一つというわけではなく、自由にいくつも頼めるようです。もちろん卵料理二つでも、洋食と和食同時でも!

インターコンチ万座リゾート46
ビュッフェの内容は、サラダやフルート、パン、チーズなどの前菜系。

インターコンチ万座リゾート45
こちらはフルーツ。すでにカップに盛り付けられています。

インターコンチ万座リゾート44
こちらはヨーグルトゾーン。

インターコンチ万座リゾート47
定番のシリアルもあります。

インターコンチ万座リゾート42
ソフトドリンク類。

インターコンチ万座リゾート41
アイスの種類はもちろん、ホットもたくさんありました。

インターコンチ万座リゾート39
ビュッフェ内容を盛り付けるとこんなイメージです。サラダと前菜、フルーツですね。

インターコンチ万座リゾート38
1日目はエッグベネディクト。付け合わせも自由に選べます。一つでも全部盛りでも可能。

ポークウィンナー・ロースハム・ポテト・トマトの香草焼き・きのこのソテー・トマトの煮込み・かぼちゃとグレートノーザン

全部盛りにすると豪華そう(笑)

インターコンチ万座リゾート37
いい感じの朝食です!

インターコンチ万座リゾート43
その後もシリアルやヨーグルトにも手を出し・・・

インターコンチ万座リゾート36
ラストはフレンチトーストに手を出し、満腹すぎて動けません・・・。

インターコンチ万座リゾート31
2日目はプレーンオムレツをオーダー。ソーセージとトマトの香草焼きの付け合わせ。

インターコンチ万座リゾート30
前菜のビュッフェもしっかりと食べたあとは、パンケーキ!2日目も満腹・・・。

インターコンチ万座リゾート12
3日目、ラストの朝食は和食!茶碗蒸し美味しい♪

インターコンチ万座リゾート11
そしてワッフル!

卵料理は制覇できませんでしたが、フレンチトースト・パンケーキ・ワッフルは制覇できました(笑)

美穂
美穂
おそらく一緒にいた友達は、朝からよく食べるな・・・と思っていたと思います(笑)友達はデザートは食べなかったですからね・・・勿体無い!

夜ご飯(アクアベル オールデイダイニング)

最終日の夜はホテル内でご飯を食べたので、紹介します。

メニューはアラカルトもありましたが、コースがたぶん総合的にお得なような気がしたので、コースにしてみました。

インターコンチ万座リゾート18
お酒提供禁止中なので、ノンアルコールで乾杯です。

インターコンチ万座リゾート17
前菜の盛り合わせ。

インターコンチ万座リゾート16
スープとパン。

インターコンチ万座リゾート15
メインのステーキ!隣に魚も付いてる・・・!

インターコンチ万座リゾート14
食後にデザートと紅茶。

予想以上のボリューム・・・お腹いっぱいだし、閉店迫っていたので詰め込みすぎてやばかった・・・。


セットは洋食と中華とあったので、それぞれ別の頼みました。ドリンクは1,000円でした!

オーシャンカフェ

インターコンチ万座リゾート71
プールのある1階には、オーシャンカフェがあります。

インターコンチ万座リゾート70
メニューをみるとそこまで高くはないので、是非利用してみてください。

インターコンチ万座リゾート1
最終日、チェックアウト後にクラブサンドとバナナスムージーをいただきました。のんびりプールを眺めながらお茶したり、ここで仕事したりもいいですね。

その他レストラン

ANAインターコンチ万座には、その他にもたくさんのレストランがあります。しかし、大抵営業停止していたり、メニューの制限をしていたので利用しませんでした。

インターコンチ万座リゾート55
こちらは日本料理、雲海。

インターコンチ万座リゾート56
お値段びっくり!10,000円越えからです。

インターコンチ万座リゾート57
うーーーん、無理いいいい。

イタリアンのピザは美味しくて有名なので、今度行く機会があったら食べてみたいですね。こちらの営業日の関係で利用できませんでした。

万座ビーチリゾートは夕焼けがおすすめ

インターコンチ万座リゾート23
万座ビーチリゾートは夕焼けの名所らしいです。部屋からの夕焼けは・・・ぎりぎり見えない。

インターコンチ万座リゾート22
いい感じに陽が落ちてきました。

インターコンチ万座リゾート21
夕焼けのプール。

インターコンチ万座リゾート20
プライベートビーチが1番のフォトスポットですね。

インターコンチ万座リゾート19
毎日雲が多かったのですが、最終日には無事に見ることができました。

泊まってみた感想

インターコンチ万座リゾート51

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートホテルは、総合的には満足です!

プールも広いですし、ビーチも十分楽しめます。レストランもカフェとアクアならお手頃ですし、バルコニー付きでオーシャンビュー!文句なしです。

ただし、今回は3泊朝食付きで飛行機も往復ついてて5万円以内の超コスパだったので満足なのですが、普通に1泊3万円近く出して宿泊はしないかもしれませんね・・・。高い。それにこの値段なら、他のいいリゾートにも泊まれるので、ANAインターコンチじゃなくても・・・てなります。

最近は色んな外資系に負け気味の万座ビーチですが、満足する滞在はできますよ!あと、外国人利用者が本当に多いですね〜。

ただ外国人が多いため、禁止のはずのバルコニーで喫煙・・・速攻でフロントに文句言いにいきましたが・・・。

水着干しているのにタバコは止めて!!

PS.2日目の夜に利用した、近くにあった瀬良垣カフェがおすすめなので、是非行ってみてください!

瀬良垣カフェ2
【瀬良垣カフェ】万座ビーチ後の休憩に!沖縄恩納村にあるオシャレで美味しいホテル併設カフェ沖縄本島の恩納村にある、ANAインターコンチネンタル万座ビーチに宿泊してきた際に、近くにあった瀬良垣カフェに行ってきたので紹介します! ...

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート公式サイト

Adobeソフトは直接契約よりも、たのまなのソフト付きの講座を利用すると通常より1万円以上お得です!

一括払いのみで痛いですが、年間Adobeを使うユーザーであれば利用すべきです!



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください