ガジェット・カメラ

MacBook Pro13&ipad proが入る⁉︎大容量ボディーバッグの使い勝手レポート

ボディバッグ

今年の3月頃にクラウドファンディングで支援させていただいたボディバッグが5月上旬に届きました。

これはTwitterに流れてきていて、なんとA4サイズやMacBookの13インチが入る!ということで気になっていたバッグです。

リュックサックやトートバッグなどはノートパソコンも余裕で入りますが、パソコンだけしか持ち歩かない日、身軽に動きたい日にでかいリュックや肩にかけるトートバッグは嫌でした。

もっと身軽にパソコンを持ち運びたい!ボディバッグがいいけど基本小さいのばかりでパソコンは入らない・・・

そんなときにこのクラウドファンディングですからね。見た瞬間ポチりました(笑)支援はもう終わっていますが、ページはこちら。下のボタンを押してください。

クラウドファンディング詳細ページ

ボディバッグの特徴

・MacBook Pro13インチがすっぽり入るボディバッグ
・パソコンとipadも同時入れ可
・調整ベルトがあり、広げることもスリムにさせることも可能
・撥水加工で多少の水濡れ、雨に対応できる
・ライトグレー・グレー・ブラックの3色

13インチのノートパソコンが入る!魔法のボディバッグをレポート


画像はクラウドファンディングページから引用。

大容量のボディバッグで、A4サイズが入ります。超撥水とのことで、多少の雨でも大丈夫!しかもマチを広げることができ、なんとペットボトルを三本以上入れることができます(かなり重そうですが・・・)。


画像はクラウドファンディングページから引用。

リュックではでかすぎる、通常のボディバッグでは小さすぎるを見事改善させることができる魔法のボディバッグ!

嬉しいのは調整のベルトがついているので、物が少ない時はかなりスリムになります。これポイント高いですね。

あとは左右どちらにもDカンがついているので、左右好きな方の肩で背負うことができます。まあ私は変えることはありませんが、肩が凝ったら気軽に変更できますね。

私がおすすめするポイントは、MacBook Pro13インチと、ipad pro11インチ同時に入れられること!


これポイント高いですね。なんとボディバッグに二つ同時に入ってしまうんですから。

あとは色もライトグレー、グレー、ブラックの3色あること。迷わずブラックを購入しました。すべてブラックで持ち物を統一している私にとってありがたい。

見た目もシンプルで余計な装飾はなく、本当に使い勝手がいいです。


スマホなどの小物が入れられるスペースも。


メインスペースにはパソコンは入りませんでした。やはり背面に入れるしかないようです。

デメリットは?

使ってみてデメリットがいくつかありましたので、紹介します。

カバー・ケースと一緒に入らない


パソコンが入る場所は13インチの大きさぴったりに作られているため、大きめのカバーやケースと一緒に入れることができませんでした。

私はこのようなケースに入れていたのですが、アウトでしたね。そのまま持ち運ぶ必要があるので、傷防止のスキンシールでも貼ろうかと検討中です。

肩にかなりの負荷がかかる

ノートパソコンだけならあまり負荷はかかりませんが、パソコン&ipadや、パソコン&書類や雑誌などを入れると結構重いです。

ボディバッグの性質上、片方の肩で支えるため、背負ったまま長時間歩くとかなり辛いです。

結論、超おすすめ!

デメリットもありますが、結論からいってめちゃくちゃおすすめです!パソコンとipadを同時に持ち運べるボディバッグなんてなかなかないでしょう。というか見たことありません。

パソコンだけなら全然重くないですし、MacBook ProではなくMacBook12インチならもっと軽いので女性にもいいのではないでしょうか。色も3色あり、無駄な装飾もないのでシンプルで使い勝手がよくどんな服装にも合います。

これからも末長く使っていきたいと思います♪

クラウドファンディング詳細ページ

Adobeソフトは直接契約よりも、たのまなのソフト付きの講座を利用すると通常より1万円以上お得です!

一括払いのみで痛いですが、年間Adobeを使うユーザーであれば利用すべきです!



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください