旅行情報

【台湾台北旅1日目前半】羽田からタイガーエアで台北へ!プレミアムラウンジは狭すぎる

1週間前に決まった台湾台北の旅。
ほんとうはマレーシアのクアラルンプールに行く予定だったんですが、クアラルンプールは直前予約だとどこも満席またはツアー代金が7万円超え…。

予定としてはクアラルンプールツアー代金4万円を見積もっていたのでかなりの予算オーバー。

LCCなど航空券とホテル別々で取ろうとしても航空券だけで6万円オーバー。

うん、クアラルンプールはやめよう!っていうことで、第二候補の台湾台北に行くことにしました。

私は台湾へは一度行ったことがあったので、新しい国にはいけませんでしたが、ツアー代金3万円ちょっとだったのでよしとしましょう。

クアラルンプールへは来年あたりに2・3ヶ月は余裕を持って予約しないとダメですね。

台湾旅行ツアーの詳細

利用航空会社はタイガーエア
行きは羽田発の早朝5時30分
帰りは23時50分現地発 羽田に早朝4時

宿泊ホテルはザ・ディーラーホテル 駅から徒歩5分

往復送迎付き、2泊4日のツアー 31,000円

台湾台北旅行1日目

1日目といっても、この日は特になにもすることはなし。翌日早朝のフライトなので、終電あたりで羽田空港国際線ターミナルへ。
私は台湾のSIMカードが欲しく、羽田空港の国際線は営業が23時までということで、22時前には羽田到着。

実はここをミスっていて、現地到着が朝5時だと思っていた。。。なので、カウンター開いてないから事前に買おうと思ったのですが、現地到着8時ということに、今気づく(SIMを購入後)

これなら、終電で羽田に来れば良かった。。。

当方大田区に住んでいるので、羽田空港へはバスで20分ほど。22時に羽田についてチェックイン開始は午前3時30分頃。

それまで一体なにをしていればいいんだろうか。

なので、今この原稿を書いています(笑)


まずは22時閉店までに間に合ったので、ずんだシェイクをいただく。美味しいー。

その後、SIMカードを買いに、羽田空港国際線3階出発階のMobileCenterへ。ほんとうに売ってるのかな?と不安でしたが、台湾SIMあります!とポスターが貼ってありました。


台湾SIMは日本で事前に買うと、一種類のみです。1日+5日分の合計6日間使えるSIMカードです。無料通話分も少しついてきます。ちなみに日本だったので設定は一切してもらえないようです。

基本SIMを入れるだけですが、iPhoneの私はAPNを変える必要がありました。

無事に購入した後は、チェックインまで暇タイム。。。


なので、友達が空港に到着したので「和カフェ」に移動。


ここは24時間営業で、しかも電源が確保できるありがたいカフェ。

26時に食事提供は終わってしまうが、ドリンクは注文可能です。夜はおにぎりやカレー、あとうどんがメニューにありました。


私はけんちん汁うどんをチョイス。美味しかったです。夜に優しいほっこり味♪電源も確保できてスマホも私のお腹も元気になりました。

さてここで、チェックイン時間の3時30分まで過ごします。

3時30分頃にチェックインカウンターへ。そこまで並んでいなかったのでスムーズにチェックイン。預けて荷物は今回はなしです。


その後、保安検査いって私は24時間営業のカードラウンジへ行ってみました。


この狭さ!今まで行ったラウンジのなかで一番の狭さですね。。。これにはちょっとショックです(笑)


なので、15分ぐらい滞在して友達と合流。

欲しかった目薬は免税店で買えました!24時間営業しているらしいです。ありがたい。


その後搭乗。9割ぐらいは搭乗率あったと思います。

いざ台湾の台北へ!